北原拓馬オフィシャルウェブサイト

北原拓馬オフィシャルウェブサイト

BLOG

エル・ファニングの美に取り憑かれた欲望の塊たち『ネオン・デーモン』

監督はライアン・ゴスリング主演の『ドライヴ』でおなじみのニコラス・ウィンディング・レフン。

監督のファンなのと、映画ポスターがカッコよかったので上映前から楽しみにしていた作品。

あまり内容も知らずにようやく観に行ってみたら、とんだ衝撃作品でした。。。

『世にも奇妙な物語』や『Tales from the Crypt』なんかにありそうな内容です。

端的に言えば、欲望に取り憑かれた人の持つ怖さという感じでしょうか。

nd02

よく言われてる通り、映像はとにかく美しいです。

色彩豊かな「ライティング」に注目して観ると面白いと思います。

nd01

監督が色盲でこういうコントラストの強い絵になっているらしいですが、もはやそれが魅力ですね。

監督の狙いとして、「観客の心に何かしら刻み込める作品になったら成功」とのことですが、まさに頭から離れません。

おすすめ度:★★★★☆

【関連リンク】
『ネオン・デーモン』公式サイト
http://gaga.ne.jp/neondemon/


LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)

CAPTCHA


*