北原拓馬オフィシャルウェブサイト

北原拓馬オフィシャルウェブサイト

映画・ドラマ

映画からの影響 / 『俺たちに明日はない』を観た。

俺たちに明日はない
午前十時の映画祭でやっていた「俺たちに明日はない」を観に行ってきた。

映画館で映画を観たあとの帰りは、作品の人物たちが自分の中にしみ込んでいる感じがする。

なにかしらの動作によって映画の場面が連想される。車のハンドルを握れば暴走的なカーチェイスシーン、どこか店に入れば強盗しているシーン。自分だったらどんな気分であれをやるのだろうというようなことがフワフワと頭に浮かんでくる

にしても、この頃の映画ってあっけなく終わるものが多いイメージがある。そして、あまり意味のない、物のように扱われるキャラクターの存在。この映画で言えば途中で誘拐されるカップル。

これだけいろいろなことを考えさせられるんだから、やっぱり名作なんだろう。


LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)

CAPTCHA


*