北原拓馬オフィシャルウェブサイト

北原拓馬オフィシャルウェブサイト

BLOG

飽きさせない映像にする3つのポイント。

StockSnap_6LRKEC4LS9disney.co.jp/movie/beautyandbeast.html” target=”_blank”>http://www.disney.co.jp/movie/beautyandbeast.html

アニメも観たことがなかったので、テーマ曲ぐらいしか知識が無かったのですが、さすがディズニーですね。

「途中で飽きる瞬間」がまったくありません。

最近の映画でこう感じたのは久しぶりです。

迫力が売りのアクション映画は特に途中ダレることが多いですが、この映画は全然をそれを感じさせませんでした。

これは映像を制作するときに言えることですが、「飽きさせない工夫は必ず必要」だということが再認識できました。

私が映像を制作するときに意識していることが3つあります。

【飽きさせない映像にする3つのポイント】

1. 展開を意識した編集をする
2. 基本的に同じ絵を繰り返さない
3. 不必要なカットは入れない

1. 展開を意識した編集をする
例え風景シーンを繋げていくだけの場合であっても、起承転結を意識しながら編集する必要があります。

「なんでいきなりこのシーン?意味がわからない」と感じさせる瞬間があると、途端に視聴者からの評価は下がります。

評価は引き算です。

2. 基本的に同じ絵を繰り返さない
実はこれが映像の質はおもいっきり下げてしまう一番の要因になっています。

特にドローンのみで構成された映像は同じようなカメラワークになりやすいため、地上のまったく違う絵を入れるなりして工夫する必要があります。

DJIのプロモーション映像で空撮だけで構成された映像は無いですよね?

3. 不必要なカットは入れない
あきらかに必要のないカットなのに、「とりあえず時間稼ぎに入れときました」みたいなものも良くありません。

映像制作は、「編集でいかに良い作品見せるか」が勝負みたいなとこがあります。

質の高くないカットの寄せ集めでも、編集次第でまともな作品に仕上げることは可能です。

撮影4:編集6ぐらいの割合が良いバランスだと思います。

最高のカットを撮ろう撮ろうとしても、環境条件やら色々な要因が絡み、思った通りにならなかったということは多々あります。

いかに編集で飽きさせず、目を離さない作品に仕上げるかを意識して作品作りしてみて下さい。

編集スキルの向上は「編集でなんとかなる!」という自信に繋がるので、撮影時のマインドも変わってきますよ^_^

■北原拓馬メールマガジン

北原拓馬メールマガジンでは、映像制作からドローンビジネス、音楽制作等、様々なクリエイティブに関する情報を月曜、水曜、金曜の3回にわたり配信しております。

もちろん、ブログには書かない現場で得た気づき等の限定情報も発信しています!

■YouTube番組『私をドローンで連れてって
btn_top_watadoro
女子二人を進行役に、現役ドローンパイロットでDJIインストラクターの二人がドローンに関する様々な質問に回答します!ドローン初心者の方におすすめの内容となっております。

毎週水曜日に配信!

■YouTube 北原拓馬オフィシャルチャンネル
btn_top_youtube_takumakitahara
北原拓馬の制作楽曲やライブ映像等を配信しています。
80’sポップやブラックミュージックに影響を受けた楽曲を制作しております。


LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)

CAPTCHA


*