北原拓馬オフィシャルウェブサイト

北原拓馬オフィシャルウェブサイト

音楽

ファンタジー映画の世界にいるかのような気分。 / 玉置浩二 Premium Symphonic Concert

IMG_9397
玉置浩二を観るのは前回の安全地帯のツアー、GOLDツアーと今回が三度目。

自分は同じアーティストのライブを二回以上観たいとあまり思わない。
ライブというのは、そのアーティストの持つ雰囲気を最大限に味わえるものだと思う。
その雰囲気が自分にどれだけ合ったかで決まる。心が震える瞬間があるかどうか。
ここで自分にフィットした感覚がないのにもう一度観に行っても、ほとんどの場合、感動することはないと思う。

個人的に玉置浩二は何度観ても飽きることがない。
ライブ中、そこだけ別世界にいるような、身体が吸い込まれていく瞬間が何度もある。

今回のライブは、まるでファンタジー映画の世界にいるような気分になった。
本人がなにかのインタビューで、「感動して(演奏に)泣けてくるから、泣かないように歌う練習をしている」というようなことを語っていた。

こういうコラボレーションはそう何度もあることじゃないと思うので、機会がある人はぜひ行ってほしい。
むしろ自分がもう一回行きたいぐらい。

【2/15 玉置浩二 Premium Symphonic Concert 音楽の宿命的な出会い @ 愛知県芸術劇場】

[Setlist]
0.田園(Instrumental)
1.悲しみにさよなら
2.碧い瞳のエリス
3.恋の予感
4.ワインレッドの心~じれったい~熱視線
5.FRIEND
6.あこがれ
7.ロマン
8.GOLD
9.それ以外に何がある
10.サーチライト
11.MR.LONELY~メロディー
12.コール
13.田園
14.夏の終わりのハーモニー


LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)

CAPTCHA


*